外国籍社員受入れトータルサポートはこちらから >

日本の携帯電話

2019.01.11 / info

昨年末に、日本に衝撃的なニュースが駆け巡りました。
それは、2019年9月末にてポケットベル(通称ポケベル)を利用した無線呼び出しサービスが終了するというニュースです。

20代の弊社社員から言わせると「ポケベルって何ですか?」とそこまで世代は離れてない(?)と思っていただけに、少し世代間ギャップを感じました。
そう言われると流行ったのはかれこれ20年以上前になるので、仰っしゃる通りだなと妙に納得してしまいました。
当時は高校生が通信料をお小遣いから払う概念自体ありませんでした。
俗に言うイケてる人だけ持っていた感覚です。

そんなイケてる人だけが持てるポケベルが今やスマートフォンに取って代わり、
生活にかかせない便利な道具となっています。

総務省の調べによると、2017年時点でスマートフォンの保有率は約60.9%(モバイル端末全体では約84.0%)もの割合になっているとのことです。都市部だけを抽出すれば、もっと高い保有率になると思われます。

通信手段だけでなく、ゲーム・読書・映画・SNSなど書ききれないほどの活用手段が搭載されたスマートフォンはご存知の通り日本だけでなく世界各国で利用されています。

外国人材の受入サポート、生活サポートにたずさわる中で、来日してこれから日本で暮らす外国人ももちろんスマートフォンに慣れ親しみ、スマートフォン・SIMなどインターネット環境が簡単に手に入るものだと思っています。

ところが、日本ではスマートフォン(携帯電話)・SIMカードの契約は外国人にとって様々な障壁が立ちはだかります。

大きな障壁となっているのは、

・身分証明およびクレジットカードの有無
・高額な通信料金
・契約期間の縛り

など外国人では考えられない大きな問題となって立ちはだかるのです。
特に、クレジットカードの有無は国によって持っている人が少ない国もあり来日後すぐには入手できない人たちが多いのも事実です。
また、高額な通信料金も大きな壁です。海外では日本の通信料金に比べてはるかに安い料金のため必ず契約に躊躇されます。
そして契約期間です。ただ単に何故2年?と突っ込まれます。1年赴任の方は契約できません(できるけど違約金が足枷になります)。

このように日本では、世の中が便利になるスマートフォンは契約上とても不便で高額なものとして認識されています。
そう、当時ポケベルを持っていなかった私が感じていた、ポケベル契約に対する印象と同じかもしれません。

もしかしたら、来日後すぐにスマートフォンを持っている外国人は、他の外国人からするとイケてる外国人に見えているのかもしれませんね。

外国人材の雇用状況

2019.01.10 / info

昨年12月の改正出入国管理法の成立を受けて、本年は外国人材の雇用が活性化されることが想定されているが、現状の外国人雇用に関して、興味深い記事が東京商工リサーチさんが公開されていたので、共有させていただきます。

http://www.tsr-net.co.jp/news/analysis/20181225_01.html

東京商工リサーチさんのアンケート結果によると、
人手不足は大企業で70.8%、中小企業で69.6%とおよそ7割に達している。
外国人材の雇用状況はというと、
雇用している企業は全体の約30%。雇用を検討している企業は約11%。雇用していない企業が約58%と6割近い割合となっている。

雇用している業種・職種や国籍などは上記のリンクからご確認いただくとして、
私自身が気になったアンケート項目・結果として、
「すでに雇用している企業が外国人材の雇用に課題と感じていること」「雇用を検討していない企業が障壁となっていること」についてです。

想定通りですが、やはり「日本語能力」が約56%と圧倒的です。
注目したいのは、
「受け入れ体制が整っていない」(35.7%)、「手続き(VISAや社会保障など)の煩雑さ」(34.4%)と当社サービスに関わりのある領域がかなりの割合を占めていることです。

当社サービスの認知をもっともっと広げることで、人手不足に悩み、外国人材の雇用に躊躇している企業様のお力になれればと思う次第です。
同時に、外国人材を既に雇用している企業は、今後も雇用したいと前向きな姿勢の割合が8割強あることは、当社サービスだけでなく外国人材の雇用自体の魅力も情報発信していかないといけないと思いました。

雇用を控える企業の回答として、外国人が増えると、治安が悪くなるなどの意見もあるようですが、
私たちがこれまで携わらせていただいた外国人材の皆さんは、素直で、真面目で、ひたむきな人柄で素敵な方たちでした。
今後は、そんな彼ら彼女たちの魅力を発信していこうと思います。

訪日コムさまとの共催セミナー開催します!

2019.01.09 / info

日本最大級のインバウンドニュースサイト「訪日コム」さまと、
企業と外国人材を採用から来日・生活サポートまで繋ぐ当社が共催セミナーを開催します。

【なぜ外国人採用でもYouTuberが効果的なのか?外国人採用の現状と最新採用手法を徹底解説】

<第1部>

「インバウンドの最前線を捉える!2019年最新トレンドと外国人材受入について」

<第2部>

「なぜ外国人採用でもYouTuberが効果的なのか?外国人材採用の現状と最新採用手法を徹底解説」

日時:2019年2月5日(火)16:00〜18:00

受付:15:30〜

場所:SENQ霞が関(東京都千代田区霞が関1-4-1日土地ビル2F)

最寄駅:銀座線虎ノ門駅

参加費:無料

申し込みはこちらから http://ptix.at/eS9L0I

興味・関心のある企業様お待ちしております。

入管法改正に期待すること

2019.01.09 / info

日本では、人手不足・超高齢化社会・労働人口の減少といった大きな問題を抱えています。
これらの問題を一気に解決する手段の一つとして、入管法改正にともなう外国人材の雇用促進を政府が掲げております。

現在の入管法では業種・職種・個人の経歴によって阻害されているケースが見受けられます。
人手不足に悩んでおられる企業にとっては、一生懸命働いてくれる留学生アルバイトがこのまま正社員になって欲しいが、現行法では就労許可がおりない。アルバイトで働いている留学生にとっては、このままこの企業に就職したいが、業種・職種として同じく就労許可がおりないなど、私共でも解決しにくいご相談ごとをお受けしたりします。

お互い相思相愛の関係でも就労できない状況って残念すぎる・・・。

入管法の改正によって、様々な企業と様々な国籍の海外人材がお互い望む方向でマッチングが進めば、今日本が抱えている問題を解決するだけでなく新たなビジネスチャンスも生まれてくるかもしれませんね。

当社も微力ながら、日本で働く外国人材が日本での就労および生活のサポートができればと思います。

外国人対応に必要な多言語能力

2019.01.08 / info

以前から英語は絶対話せるようになっていないといけないと数多くの方に言われてきました。
そう言われ続けてきたにも関わらず、現在まで全く英語(特に会話)を勉強してこなかったツケがようやくきました。
しかも大きな塊で。

外国人材の受け入れサポートにたずさわっていると、多言語対応は避けられません。
私はこれまで英語が話せないことを鎖国のせいにしてきました。
ところが、もう言い訳はできません。もちろん鎖国のせいでもありません。
全て自分が英語(特に英会話)の勉強を怠ってきたせいです。

外国人からすると、日本人は本当に親切・丁寧だが、「何故英語が通じないのか?」という疑問が常につきまとっているそうです。

今年、入管法改正に伴い、外国人材が日本で働く門戸がさらに開かれます。
日本にやってくる外国人材は母国語プラス日本語が話せる優秀な方が多いです。トリリンガルはもはや珍しくありません。
今現時点ではドメスティックな企業でも、いつしか隣の席にはどこかの国の人材がチームメイトとして、または取引先にはどこかの国の人材が担当者としてやりとりが行われているかもしれません。

これからは日本でも外国語の一つや二つ話せないといけない時代に本格的に突入していきます。
入管法改正は、もしかしたら母国語以外の習得のいいきっかけであるかもしれませんね。