外国人対応に必要な多言語能力

2019.01.08 / info

以前から英語は絶対話せるようになっていないといけないと数多くの方に言われてきました。
そう言われ続けてきたにも関わらず、現在まで全く英語(特に会話)を勉強してこなかったツケがようやくきました。
しかも大きな塊で。

外国人材の受け入れサポートにたずさわっていると、多言語対応は避けられません。
私はこれまで英語が話せないことを鎖国のせいにしてきました。
ところが、もう言い訳はできません。もちろん鎖国のせいでもありません。
全て自分が英語(特に英会話)の勉強を怠ってきたせいです。

外国人からすると、日本人は本当に親切・丁寧だが、「何故英語が通じないのか?」という疑問が常につきまとっているそうです。

今年、入管法改正に伴い、外国人材が日本で働く門戸がさらに開かれます。
日本にやってくる外国人材は母国語プラス日本語が話せる優秀な方が多いです。トリリンガルはもはや珍しくありません。
今現時点ではドメスティックな企業でも、いつしか隣の席にはどこかの国の人材がチームメイトとして、または取引先にはどこかの国の人材が担当者としてやりとりが行われているかもしれません。

これからは日本でも外国語の一つや二つ話せないといけない時代に本格的に突入していきます。
入管法改正は、もしかしたら母国語以外の習得のいいきっかけであるかもしれませんね。