特定技能【宿泊業】まとめ

2019.05.14 / info

今回新設された特定技能の14分野の中で一番最初に試験が行われたのが「宿泊業」です。
それだけ人手不足が顕著で早急な対応が必要だったといえるでしょう。
今月末(5月25日)には合格発表を控えています。

技能実習の「宿泊業」についてまとめました。

◆誰が受験可能?
以下の条件を満たしている外国人材が対象です。
(1)試験日において、満 17 歳以上であること
(2)法務大臣が告示で定める外国政府又は地域の権限ある機関の発行した旅券を所持していること
(3)以下のいずれにも該当しないこと
a 退学・除籍処分となった留学生
b 失踪した技能実習生
c 在留資格「特定活動(難民申請)」により在留する者
d 在留資格「技能実習」による技能実習中の者
(4)過去に日本に中長期在留者として在留した経験を有する者

◆試験内容は?
①筆記試験(選択式)
②実技試験(口頭による判断)

以下の知識が必要になります。
・フロント業務
・企画、広報業務
・接客業務
・レストランサービス業務
・安全衛生、衛生管理業務

※外食業のように出題範囲のテキストは現在は発行されていません

◆従事できる業務内容は?
・宿泊施設におけるフロント業務
・企画、広報
・接客及びレストランサービス
・その他宿泊サービス提供に係る業務

◆試験実施日は?
【終了】4月14日(日)
札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡

【次回】10月頃予定
▽こちらからご確認ください
「一般社団法人宿泊業技能試験センター」