外国人材へ共有すべき!日本の生活基本情報

2019.04.04 / info

来日するほとんどの方は、日本の生活を十分には理解していません。
旅行で何度も来ていたとしても、”生活”となると暮らしは別です。

そこで、物件をご紹介したり選定してもらうにあたり
【事前に共有してくと便利な情報】をいくつかご紹介します。

①平均家賃相場
日本の物件賃貸にあたり平均家賃相場は必ずお伝えしましょう。
特に日本の不動産は世界から見ても非常に高いと言われています。
その前提を理解してもらった上で、選ばれることをオススメします。

1位:港区(13.16万円)
2位:千代田区(12.12万円)
3位:渋谷区(11.89万円)

21位:江戸川区(6.68万円)
22位:足立区(6.65万円)
23位:葛飾区(6.48万円)
※市は除く

都心に行けば行くほど家賃が上がること、
会社の位置を含めてご紹介するといいかと思います。

②平均通勤時間
就業の為に来日される方々ですので、これは日常生活に密接に関わる問題です。

●都内通勤は電車利用の人が多い
●通勤ラッシュがあるし、ひどい
●都内に通勤する限り、満員電車はほぼ免れない
●平均通勤時間は約1時間

お国によってはそもそも電車通勤の習慣がなかったり、
満員電車という状況を想像しにくい人もいるので写真等を用いてご説明するのがいいかと思います。

③平均生活費
東京は世界第3位で物価が高い都市と言われていますので、平均生活費も自ずと高くなります。
平均内訳は以下の通りです。

●家賃:約75,000円
●食費:約27,000円
●水道光熱費:約80,00円
●通信費:約10,000円
●交際費:約19,000円
●娯楽費:約13,000円
●日用品、消耗品購入費:約6,000円
合計:158,000円

④平均共益費
物価が高いと、ガス、水道、電気代の共益費用も上がります。
平均は以下の通りです。

●ガス代:約2,148円
●水道代:約2,200円
●電気代:約5,500〜7,000円

地域や会社によって基本料金が
季節によって使用料金が異なりますが平均的な値段が上記です。

以上のような生活に必要な情報をぜひ来日前に共有して
日本で生活するにあたりどのくらいの費用がかかるかイメージを掴んでおいていただくことが大切だと思っています。