「特定技能」で安心来日!

2019.04.02 / info

日本の深刻な人手不足を解消するために新設された「特定技能」在留資格。
従来の縛りの多かった在留資格と異なり、

●単純労働OK
●学歴、実務経験の要求なし
●長期滞在可能(最長5年)
●労働時間の制限なし(従来の単純労働可能ビザは週28時間の制限あり)

つまり、より多くの外国籍に就労チャンスがあるというわけです。

”就業する外国人材に安心して来日してもらう”
そのために、政府が雇用企業へ求める要求が明確になりました。

(1)入国前の生活ガイダンスの提供
(2)外国人の住宅の確保
(3)在留中の生活オリエンテーションの実施
(4)生活のための日本語習得の支援
(5)外国人からの相談・苦情への対応
(6)各種行政手続についての情報提供
(7)非自発的離職時の転職支援
(8)その他

受入れ企業は以上を支援し就労に到るまでのサポートをするよう徹底されます。
※これらの支援は登録支援機関に委託することも可能です。

”安心して来日してもらう”
これは弊社の来日サポートにおいても業務の軸となっている思いです。

今後5年間で34万人の受入れが見込まれています。
ひとりひとりに来日してよかったと思ってもらえるよう、ご対応して参ります。